サイトマップ

キャッシングを初めて利用する人へ

初めてキャッシングを利用する人は、どのキャッシング会社のローンで借り入れをしたらいいか迷う事が多いです。

しかし、キャッシング選びのコツを覚えておけば、難しい事ではありません。キャッシング自体が初めてなら、初めての人専用のローンを利用すると失敗がありません。どのキャッシング会社にも、この様なローンは存在します。

初めての人専用のローンは、普通のローンに比べると、金利が低いのが最大の特徴です。そのため、返済に無理が生じる事は無くなります。キャッシング会社によっては、利息の無い期間が設けられている場合もあるので、初めてでも不安を抱く事はありません。もちろん、利息の無い期間が存在しないキャッシング会社もあります。

女性の場合は、女性専用のローンを利用するのも良い選択です。これも、一般のローンに比べると金利が低いので、返済に困りません。主婦や派遣社員やフリーターも利用できるのがメリットなので、収入が低くても安心して借り入れが出来ます。

キャッシング会社によっては、女性スタッフだけが対応しているため、女性ならではの相談をする事が出来ます。キャッシングを初めて利用する場合は、始めての人専用のローンや、女性向けローンを利用すると失敗がありません。

キャッシング審査に落ちたときの対策とは

キャッシングの審査基準としては、20歳以上69歳以下で安定した収入があることが条件とされます。これは会社によって大きく異なることはなく、どの会社でも大体共通した条件となります。

キャッシングを申込んだ際に、この基本条件を満たしながら審査に落ちてしまう人もいます。このような場合には、なぜ落ちたのかを検討する必要があります。

なぜならそのまま他のキャッシング会社の審査を受けても、また落ちてしまう可能性があるからです。なので1度しっかりと自分なりにその原因を分析してみることが大切です。そのためには少し詳しく審査の仕組みについて理解しておくことも必要です。

2010年6月に総量規制が導入されて以降、年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。なのでいくら安定した収入があっても他社で多額の借入があれば審査には通りません。また仮に他社借入額が少ない場合でも、3社以上の会社に借入があるときには審査に落ちます。また過去に返済の延滞があったり、債務整理などから5年以内の場合には無条件で審査落ちします。

このような明確な理由が見当たらない場合でも、思わぬ原因で落ちるときもあります。例えば審査項目での記入ミスです。特に番地や電話番号などの数字のミスは、在籍確認の際に問題となります。

また審査では、お金を貸しても大丈夫かという信用性や信頼性を確認されます。なので電話連絡などの際にも、社会人として常識のある受け答えを心がけることが大切です。

キャッシングの利用額を増やす条件

金融業者が提供している無担保キャッシングは、金利が高く設定されている代わりに審査に通りやすいのが魅力の商品です。審査内容もシンプルであり、短時間で結果が判明するという内容です。5万円程度の少額からの申し込みにも対応しており、少しだけお金が足りないという場面での利用に向いています。

しかしキャッシングは、少額の融資だけを行っているわけではありません。500万円以上の融資が可能という商品も多数あります。利息制限法に基づいてサービスが提供されているので、融資額が大きくなると金利は低くなります。大きなお金を長期間利用したい場合の利用にも適性があります。

キャッシングは短時間審査が中心なので、最初から大きな金額を利用できるケースは少なくなっています。無担保で審査に申し込めるのは、業者側からすると保障なしで融資を行わなければならないという事になります。

経済状況について時間をかけて調べる事が出来ない上に、最悪のケースが起きた場合の保障もないという事は融資額はどうしても少なくなってしまいます。

審査の時点で信頼を得るのは難しいので、利用していく中で信用を高める必要があります。キャッシングのルールは、毎月指定の金額を遅れることなく返済するという事です。

ルールを守っての使用を続けていく事により利用できる金額も増やす事が可能となります。大きな金額を使用できるほどの信用があるという事が、利用額を増やすための条件です。